Yahoo!知恵袋のブログ
tebukuro.exblog.jp
Yahoo!知恵袋の行く末を観望する人のブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
知恵袋
Tieblog+α
その他
このブログについて


知恵袋関連のサイトリンク集
連絡先
メールアドレスはこちらです。
tieblogアットexcite.co.jp

こちらのページからメッセージを送る事もできます。

メールフォーム
リンク
yahoo!知恵袋
My知恵袋


知恵袋のブログ+α
google
Get Firefox
リンクについて
検索
以前の記事
最新のトラックバック
はじめに ─知恵袋のブロ..
from 知恵袋のブログ
今現在の貢献度31945
from 知恵袋のブログ
2005年になりました!
from 知恵袋のブログ
<strong>知恵袋<..
from 知恵袋のブログ
ちえぶくろのぶろぐ。
from 知恵袋のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧











忍者TOOLS
忍者ツールズ




Google PageRank?
Yahoo!知恵袋にトラックバックを導入しないの?
Yahoo!知恵袋にトラックバックの考えを持ったシステムを導入するべき。
この記事はリバースナレッジシェアリングの続き

ナレッジ間においての言及



ナレッジに対し行なわれた参照・言及・評価と言った他者による反応は、その知識情報の再生産及びナレッジクォリティの向上へ繋がるのではないかと思う。

Yahoo!知恵袋において既出の有益なナレッジに対し、回答や質問においてリンクが張られ参照・言及・評価が行なわれるという事象は、よく目に付くレベルで頻繁に行なわれてきた事であると思うが、この各ナレッジ間においての参照・言及・評価の繋がりが一般ユーザに目に見える形となれば、その知識情報の再生産及びナレッジクォリティの向上へと繋がるはずである。

これら参照・言及・評価の一連のやり取りは、ブログにおけるトラックバックと同じモノである。


現状の評価・参照・言及



現状の評価・参照・言及の関係を以下の図にしてみた。



現状では、ナレッジに対しての評価・参照・言及は「質問評価システム」「後発の質問」「知恵袋外のWeb」から行なわれてはいるが、対象のナレッジから、自身に与えられている評価を直接見ることができるシステムとしては、種々の問題がある質問評価システムしかないのだ。(質問評価システムに関しての問題についてはYahoo!知恵袋ブログの『「他の参加者による評価+1」の怪』にて触れられている。)

「後発の質問」「知恵袋外のWeb」からの言及は、一方通行なため言及される側のナレッジから容易に確認することができない。Web2.0が当の昔にやってきたのに、Yahoo!知恵袋では未だにWeb2.0以前のような言及が行なわれているわけだ。


学術情報発信と知識情報発信



「Web2.0」時代に対応する学術情報発信へ真のユーザー参加拡大のためのデータ開放の提案を読んでみたが、多くの部分において『「Web2.0」時代に対応するYahoo!知恵袋における知識情報発信へ真のユーザー参加拡大のためのデータ開放の提案』と置き換えて見る事ができるのではないかと感じる。

最後にYahoo!知恵袋においてのデータベース開放状況を見てみるが、「~データ開放の提案」の4.3での表1データベース開放状況に挙げられている研究者向けナレッジエクスチェンジなサイトの比較項目を見た場合、Yahoo!知恵袋は以下の通り。



ナレッジエクスチェンジなサイトと比べると、さすがに成績は優秀
残るはトラックバックのみだ。

・RSSに関しては個人的に身勝手な理由で少し不満→理由
・APIに関してはYahoo!検索APIにて知恵袋検索のAPIが直接提供されているわけではないが、検索結果のRSSを利用することで代替可能。実質的には×




勝手に使っている単語について
※ナレッジ・・・質問と回答をワンセットにしたものを知識情報とか、質問などと呼ぶと、なんとなくパッとしないので、ナレッジと呼んでいる。
※ナレッジクォリティ・・・知識情報の質のこと、質問自体、回答自体の質のこと
※ナレッジエクスチェンジ・・・某外資系コンサルティング会社が利用しているあれ。ではなく、知識交換をそのままカタカナにしたもの。ナレッジコミュニティの同意語っぽい。


あなたにおすすめの解決済みの質問に続く。
[PR]
by tiebukurar | 2007-04-20 05:16 | 知恵袋